読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

碇だよ('ロ')

ニッポン生まれインターネット育ち

転職して1年経った

いまの会社に転職して、昨日でちょうど1年だった。

 

入社して3ヶ月が過ぎたころ、毎週金曜日にやっている振り返りKPTに「試用期間が終わった、クビにならなくてよかった」と書いていたくらいには、とにかくビビっていた。基本的に自分に自信がない人生を送ってきたのに、主に上司から期待してる感をビンビンに出されていたので、いつ「思ったより大したことないですね」って言われるかと思って気が気じゃなかった。笑

 

べつにわたしの上司はそんなことを言う人では全然ないし、仮にそういう働き方していたとしても、そんなこと言われるって相当ヒドイ場合に限るよね?という冷静なツッコミを、当時の自分はできなかった。いま出来てるのは、半分は周りに受け入れられて心理的安全が確保されたこと、半分は「他人の気持ち」がいかに自分の主観や偏見で歪められるかという構造に気づいて、その枠組からなるべく逃れるようにしてたら、状況と認知をうまく切り離せるようになったからだと思ってる。

 

同じ開発の現場なのに前職と現職でスピードや大事にしていることが全然違って、想像以上にそれまでやってきたことが転用出来ないもんだから、どうあるべきか?をひとつひとつ脳に汗かき考えて行動することになって、これまでの3倍くらい頭使って毎日過ごしてきた気がする。新卒からこの密度で7年過ごせてたら今ごろ何かでかいこと出来ていたのでは…?という気持ちにならないこともないけど、とにかく毎日なにかしら発見や進歩、成長、答えが出ない苦しさも含めて、毎日変化しかなくて、1日も無駄に過ごした記憶がない、最高の1年だった。

 

基本的にやったことないことしかやってないから、ただやればうまくいくってことなくて、すごく努力している。仕事のうえでもそうじゃないことでも…例えば「自分の都合で行きたい場所へ3人以上の同僚を誘って遊びにいく」というのが人生で初めて実現出来たのが去年の11月のことだったりする、そのくらい人が誘えない人間だったけど、1度うまくいけば、あっなんか意外に大したことじゃないんだって思えて、これやってみようよって雑に言えるようになったのでよかった。

 

この歳になってもまだ新しくできるようになることがあるって希望でしかない。2年目もやったことないことをたくさんしていきたい。

 

広告を非表示にする